医者

多汗症でお困りのあなたへ|施術で抑制させられます

判断基準

医者

普通なら、季節が夏じゃない限り汗をかくことはありません。かいても人に指摘されないレベルでしょう。多汗症は辛いものを食べたように汗をかくので誰が見ても異常だと感じます。また、緊張や不安で脇汗が酷い時も多汗症を疑うべきでしょう。しっかりと把握するためにもチェックをすることが早期治療へ繋がります。近年ネットでも多汗症のチェックが可能で、6つのポイントを中心に自分で判断することができます。例えば、症状が出た時25歳よりも若かった場合や両手両脇など左右対称に汗をかくなど、これらにチェックがつくと多汗症を疑うことができます。また、一週間に一回以上異常な程の汗をかく場合も疑いがあるでしょう。遺伝でなるケースも多く家族や親族に多汗症の人物がいれば高い確率で発症しているかもしれせん。ひどいと日常生活に支障をきたすレベルまでくるのでここまできたら治療をしないわけにはいきません。美容外科では多汗症に効く有効的な治療を提案するので、軽度から重度の多汗症も簡単に治してくれるでしょう。手術にかかる時間も最短なので、身体への負担はほぼなく日帰りが当たり前です。超音波を使用した多汗症手術をする時は多汗症のチェックをカウンセリングの時にやりましょう。医師がいくつかの質問をして、多汗症かどうか診てくれますから多汗症を見逃すこともありません。

重度の多汗症には全部で4段階あります。一つ目は、発汗が全く気にならない事そして日常生活で困ることがない事です。二つ目は発汗があるものの我慢できる程で治療も場合によっては不要でしょう。三つ目は発汗が酷く我慢できないレベルまできます。四つ目は日常生活で支障をきたすため仕事でキーボードを打つ場合は汗の影響で故障することが増えます。三つ目まで当てはまると多汗症の症状が出始めているので美容外科での治療を率先して受けましょう。